ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2016年4月24日日曜日

Shotgunを使って見る その1

木村でございます。4月ももうすぐ終わりですが、1つ業界的に気になるニュースが入ってきました。レンダリング・ソフトウェアArnoldを開発しているSolid AngleがAutodeskに買収された、という件です。

https://www.solidangle.com/news/solid-angle-joins-autodesk/

Autodeskがレンダラを開発している会社を買収すること自体は多くの人にとって特に驚きではないでしょう。特にMayaユーザーにとっては、旧Aliasがかなり初期の段階で同ソフトウェア用のプロダクション・レベルのクオリティに耐えうるレンダラの開発を止め、長年にわたって他社からライセンス・供与を受け続けていることを奇妙に感じていた人も少なくないはずで、むしろなぜこんなに時間がかかったのかの方が疑問なのではないでしょうか。問題はArnoldが今のAutodeskの3Dソフトウェア利用者にどういう形で提供されるのか(Mayaユーザーはすでに利用可能ですが、Max版はまだないはずです)、その場合のライセンス料がどういう形になるかでしょう。また、Houdini版やKatana版の利用者も今後が気になるのではないかと思います。

そしてAutodeskといえば、ここ最近大型買収が続いているところも気になるところです。2005年にAliasを買収してMayaを傘下に収めて以来、Softimage、Naiadなどを続けて買収し、2014年にはプロダクション・ワークフロー及びパイプラインをサポートするためのサービスとして有名なShotgunも傘下に収めました。このことから、Autodeskはハリウッド映画のビジュアル・エフェクツを手がけるようなプロダクションの上流から下流に至るまでの全てをおさえるソリューションを、全て自社の製品でカバーしようとしていることがわかります。そこで、今回から何回かにわたって、主にShotgunに焦点を当てながら、プロダクション・パイプラインをサポートするクラウド・サービスについてお話ししていきたいと思います。