ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2015年7月20日月曜日

英語を勉強し直してみる その1

木村でございます。今回から何回かに分けて、英語のお話をしたいと思います。「アメリカでCG屋をやってみる」と題したブログを書き始めた頃から、この件に触れないわけにはいかないだろうと、いろいろ原稿を書いては捨て、書いては捨てを繰り返してきたのですが、どうもしっくりくる答えが今だに出ません。私のことを個人的にご存知(特にアメリカで)の方であれば、私が人様に教授できるような英語力を持ってはいないことはお分かりかと思います。まれに悪くない、と言ってくれる方もいますが、そういう方は(お世辞を抜けば)私の英語の主にテクニカルな面、発音だとか文法といった面に目を向けてそう言っておられるのだと思います。しかし今回恥を忍んで英語のお話をするのは、私自身、問題はそれだけでなくもっとコミュニケーションの根幹に関わる部分、新しいことに挑む時のメンタル面だとか、他人とどう向き合うか、とかいった一般に「英語力」と言われているものとは別のところにあるような気がするからです。そういったことも含めて、このシリーズでは英語が不得意な人がどうやって英語を勉強するか、ということについて私の経験をもとに書いていきたいと思います。