ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2014年9月27日土曜日

プログラムを書いてみる その1

木村でございます。危うく9月無更新になるところでしたが、なんとか滑り込みました。今回から数回に渡ってプログラミングに関するお話をしたいと思います。最近私、プログラムを書く仕事が増えて参りまして、そんな関係からか知り合いからPython(プログラミング言語の1つ)に関する質問も受けるようになりました。このブログではこれまで何回かに渡ってプロダクション・パイプラインのお話をして参りましたが、この手の仕事にはプログラミングのスキルが必須です。とはいえ小さなプロダクションですと専業のプログラマーやエンジニアを雇う余裕もないため、アーティストが自らTDの仕事も担おうというケースも出てくるかと思います。これ自体は悪い事ではありませんが、これまで絵作りをしてきた人達にとってプログラミングというのはかなり敷居の高い仕事とはいえるでしょう。そこで、ここではこれからパイプラインやプログラミングに関する勉強をしようというCG屋を対象に、どんなプログラミング言語をどうやって勉強すべきなのか、ということについてお話ししたいと思います。つまりプログラムの書き方そのものについてお教えしようという訳ではないのでご注意ください。そういった事には既にしかるべき教育を受けた方が解説された有益なサイトがいくつもありますので、後ほどそういったサイトに関してもご紹介したいと思います。