ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2014年7月28日月曜日

自習してみる

木村でございます。皆さんはCG自習してますか。一旦就職してしまうとなかなかまとまって勉強をする時間は取れなくなるものですが、ご存知の通りCGの技術は日進月歩ですから勉強をやめてしまうとたちまち遅れをとります。以前とあるプロダクションで一緒に働いたライティング・アーティストがいたのですが、この人のライティングには妙なところがありました。それは影を落とさないのです。キーライトの影は落とすのですが、フィルやリムなどからは影をとってしまいます。もちろんそれでちゃんとした絵に見えればいいのですが、あからさまに影がないのがわかる絵なのです。他にもどうもグローバル・イルミネーションを使いたがらない傾向があって、ある日聞いてみたところ「計算時間がかかる」というのがその理由でした。確かに計算時間はかかりますが、現代のライティングにおいて、少なくともフォトリアルなライティングをするのに影やグローバル・イルミネーションを使わない、というのは無理があります。彼がそうしたライティングをしているのには私には何となくわかります。彼は私とそんなに歳が違わない感じでしたが、私がこの業界に入った今から二十ウン年前はコンピュータの計算速度がお話しにならないほど遅く、グローバル・イルミネーションはおろか影を落とすのにも慎重さが求められる時代でした。RenderManのシェーダーにブロッカーという擬似的に影を落とせる仕組みを入れたり、シャドウ・マップを使い回したりして計算をいかに軽くするかが当時のライティング・アーティストの腕の見せ所だったのです。彼の中ではその当時からライティングの技術が全く変わっていないのでしょう。その頃の知識がもう無駄になってしまった訳ではありませんが、それに固執していること自体は危険です。そしてこれは私を含め誰にでも起こりうる事です。そこで今回はCGの自習に役立つオンライン・トレーニングのサイトを幾つかご紹介します。

2014年7月4日金曜日

業界ニュースを読んでみる

木村でございます。こちらアメリカは今日7月4日が独立記念日です。私の自宅からほど遠からぬところにMarina Del Reyというヨットハーバーのある港町があり、ここでは独立記念日の度に花火を打ち上げるのですが、私は仕事で自宅に缶詰でして、今その花火の音だけが聞こえてくる、といった有様です。それはさておき、これまで何度か業界の動向をテーマ別にお送りしてきましたが、これかはらそれぞれのニュースを個別に読み解いていく形でお送りしたいと思います。