ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2014年3月24日月曜日

ワークフローとパイプラインを考えてみる その6

木村でございます。今月はちょっと大変な事になってましてね。前回も書きましたが、今The Millという会社でコマーシャルの仕事をしてるんですが、ものすごい突貫です。始めて次の週からはもう週末がなく週7日勤務、そして昨日はついに徹夜です。私LAに来てかれこれ8年経ちますが、徹夜というのは滅多にありません。カリフォルニアの労働法が厳しいのもありますが、基本アーティストが徹夜をしなければならないのはスケジューリングとマネージメントの失敗という考えがあり、やらせたがらないものです。しかし昨日はプロジェクトのメンバーの大半(ほとんどがFX、ライティング、コンポ)が明け方まで仕事をしていましたから、これは大変なものです。そのゲーターレードのコマーシャル、かなりかっこいいので皆さんに観て頂きたいんですが、どうみてもアメリカ国内向けのCMなので、アメリカ以外の国にお住まいの皆さんに観て頂くチャンスは薄そうです。ひょっとしたらYouTubeとかで観れるようになるかもしれませんので、リンクを見つけたらこのプログでお知らせします。

2014年3月6日木曜日

映像産業の補助金制度について考えてみる その7

木村でございます。このブログでこれまで何度かアメリカのVFX産業の窮状についてお伝えしてきましたが、多くの方がこの状況を耳にされるようになってきたようで、最近「木村さん大丈夫ですか」とか「生きてますか」とかご心配の声を頂くようになりました。大変ありがたいことです。私も正直なところ言って決して楽な状態ではないのですが、なんとかやってはおりますので、ご安心ください。仕事は相変わらず少ないですが、幸いこのブログで最初の頃にお話ししたプロダクション・パイプラインとワークフローに関してご賛同頂いた幾つかの日本の会社から、アメリカからリモートでもいいから手伝ってくれないか、とのお誘いを頂いて、協力をさせて頂いております。また、今月は短期でThe Millという会社でCMを作る仕事もしております。このThe Millという会社、本社はイギリスのロンドンなのですが、LAにも支社を構えており、どちらかというとデザインを重視した制作方針でやっているようです。実は先頃あったアカデミー賞の授賞式の中で使われた映像のデザインも手がけておりまして、私は関わってはおりませんが会社はそれで結構盛り上がっておりました。