ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2014年1月17日金曜日

ライティングしてみる その5

すでに1月も半ばを過ぎてしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。のっけからですが、去年の投稿の改正です。大晦日の投稿でも申し上げましたが、「ライティングしてみる その3」で、Open EXRで採用されている16bit float (half) について、「16bitのうち、1bitが符号に、5bitが露出に、そして10bitが実際の色情報の保持に割り当てられ、30-stopの輝度情報が保持可能とされています。すなわち16bitのEXRは厳密にはfloatというよりも最も効率よくHDRIを保存するために考えられたフォーマットと言っていいでしょう」という記述について、この16bitの構成を持ってそれ自体が浮動小数点を表します、とのご指摘をコメントでいただきました。これはWikipediaに詳しい説明があるので、それをご覧になって頂いた方がいいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/半精度浮動小数点数

実はOpen EXRのウェブサイトにはこの16bit float形式に関して、以下の様な記述があります。

For linear images, this format provides 1024 (210) values per color component per f-stop, and 30 f-stops (25 - 2), with an additional 10 f-stops with reduced precision at the low end (denormals).

このため「効率よくHDRIを保存するために考えられたフォーマット」という表現をしましたが、正確さにかけたようですので、ここに改正させて頂きます。