ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2013年3月31日日曜日

Rhythm & Hues Studios、新会社として通常業務復帰へ

木村でございます。映像産業の補助金制度に関して、何回かに分けてお話ししておりますが、今回はそれをちょっと中断しまして、以前お伝えしたRhythm & Huesのその後に関してお話しさせて頂きたいと思います。

2013年3月26日火曜日

映像産業の補助金制度について考えてみる その3

補助金制度に解決策はあるのか

前回は補助金制度の問題点をお話ししました。こうした問題点を考えるにつけ、これは何か策を講じた方がいいのではないか、と考える人たちも出てきます。まずこの制度の弊害をまともに被ったカリフォルニアのVFX業界ですが、これに対する解決へのアプローチは割れています。

2013年3月20日水曜日

映像産業の補助金制度について考えてみる その2

木村でございます。前回から補助金のお話をしていますが、実は今回はこのお話はお休みして、3月14日に行われたVFX業界のタウン・ホール・ミーティングのお話をしようかと思っていたのですが、今やっているプロジェクトが追い込みに入ってきておりまして、それどころではなくなってしまいました。なんだか日曜日にも出社しなければならない有様です。補助金のお話は、あらかじめ大雑把な原稿を書き上げていましたので、とりあえずはこれに沿って補助金のお話を続け、タウン・ホール・ミーティングについてはまた機会を見つけてお話ししたいと思います。

2013年3月14日木曜日

映像産業の補助金制度について考えてみる その1

木村でございます。ブログを始めて3ヶ月が経ちましたが、さすがに筆が鈍ってきました(と前にも同じようなことを言いましたが)。私、小中学生のときも夏休みの日記は、最後の3日くらいにまとめて書くタイプでしたので、そういう意味では3ヶ月続いただけでも上出来なのですが、せっかく一念発起して書き始めた訳ですから、せめて1年は続けたい、というのが目標です。というか、希望です。というか、そうなったらいいだろうなあ、という気持ちです。

それはさておきまして、前回予告しました通り、今回から映像産業における補助金制度のお話をさせて頂きたいと思います。まず、ここにイギリスの金融情報サイトThis is Moneyに昨年掲載された興味深い記事がありますので、それをご覧ください。

2013年3月5日火曜日

Hollywoodでデモ行進してみる その2

2月24日のアカデミー賞受賞式に合わせたデモは、特に大きな混乱もなく、まずまずの成功を収めたと言っていいものでした。デモの規模が比較的小さく、あらかじめ届け出をしていたため警察の誘導があった、主催者が非常に上手くオーガナイズしていた、などということもあったと思います。Dolbyシアターで授賞式が始まる頃には、参加者は解散し、後は賞の結果を知るのみとなった訳です。ところが、このアカデミー賞のまさに授賞式会場で後に波乱を生む出来事が起こりました。

2013年3月1日金曜日

Hollywoodでデモ行進してみる その1

前回、VFX業界がアカデミー賞に合わせたデモを主催した、というお話をしましたが、今回はこれに関してレポートをしたいと思います。