ハリウッドVFX業界就職の手引き

ハリウッドVFX業界就職の手引き
鍋潤太郎氏による、海外のVFX業界で働くための手引き。お薦めです。

2016年11月26日土曜日

最後のご挨拶

木村でございます。2013年の元旦から書き続けてきたこのブログですが、今回が最後の投稿となりました。これまでこのブログを読んでいただいた皆さんには一応経緯など(大したものでもないんですが)ご説明して、このブログを終わりたいと思っております。

2016年11月9日水曜日

大統領選挙とFramestoreの買収

木村でございます。ほぼ3ヶ月ぶりの更新になっちまいましたが、みなさんお元気でしたでしょうか。私アメリカに戻ってからは、しばらく以前働いていたThe Millという会社で、Lexusコマーシャルを作っておりました。


ルック・デベロップメントとライティングなんですが、自動車の外側と内側、人間の脳のニューロンのショットなどやらせてもらいました。ちょっと一瞬で分かりづらいかと思いますが、YouTubeのビデオがありますので、よろしければご覧ください。

しかし、今回ブログを更新しようと思ったのはこの話ではなく、アメリカの大統領選挙があったためです。すでに皆さんもご存知と思いますが、当初メディアで報じられていたヒラリー・クリントン優勢の事前予測を覆し、ドナルド・トランプが勝利し時期大統領となりました。このブログ、政治についてフォーカスしているわけではありませんし、私自身専門家でもありませんが、アメリカに住んでいる以上気になりましたので、これについて少々書いてみたいと思います。

2016年8月10日水曜日

「シン・ゴジラ」と石原さとみの英語

木村でございます。日本を離れる2、3日前に、新宿の映画館で「シン・ゴジラ」を観てきましたので、今回はその感想をちょっと書きたいと思います。

2016年8月4日木曜日

アメリカに住んでみる - ミュージック・ビデオの撮影場所を訪ねる

木村でございます。足掛け1年半関わった「Kingsglaive Final Fantasy XV」がようやく終わり、日本からアメリカに戻ってきました。ちょうど夏休みシーズンと重なり、帰りの飛行機は結構な混みようでした。そういえば夏休みなんだ、ということで、今回は以前夏休み企画として書いた「映画の撮影場所を訪ねる」という投稿がちょっとだけ好評でしたので、その続編企画として「ミュージック・ビデオの撮影場所を訪ねる」と題して、LAで撮影されたミュージック・ビデオのロケ地を取り上げたいと思います。ただし、LAで撮影されたミュージック・ビデオは映画同様、膨大な数に上りますので、そのなかから私の個人的な趣味で選んだものをご紹介したいと思います。ちなみに私もオッサンですので、取り上げる曲がかなり懐メロ中心になってしまうのはご容赦ください。

2016年7月7日木曜日

Shotgunを使ってみる その4

木村でございます。「Shotgunを使ってみる」と題した連載の最終回は前回予告しました通り、Shotgunのイベント・フレームワークについて説明したいと思います。ところで前回、このブログで初めてプログラムのコードを掲載したわけですが、ブログのコラムの横幅が狭くてすぐコードが折り返されてしまう、ということが判明しました。非常に見づらいのでこのブログのデザインを変更した方がいいのかもしれませんが、ちょっと今回はこのまま行きたいと思います。ちなみに巷にはコードの表示部分に横スクロール・バーのついたものとかありますが、あれどうやってるんですかね。JavaScriptとか入れないといけないんでしょうか。

2016年6月10日金曜日

Shotgunを使って見る その3

Shotgunを使ってみる、と題した連載の3回目です。今回はややテクニカルよりなお話をさせていただきます。過去2回にわたって、Shotgunを自分たちのワークフローにうまく乗せるには、ある程度APIを用いた開発が必要になる、というお話をいたしました。そこで今回と次回では、このAPIの使い方についてお話ししていきたいと思います。今回はこのブログでは初、Pythonプログラミングの基本知識を前提としますので、ご注意下さい。

2016年5月12日木曜日

Shotgunを使って見る その2

Shotgunのお話の2回目になります。前回はShotgunのようなワークフロー、パイプラインを支えるソルーションがどういうものなのか、ということと、それがどういうプロダクションに向くのか、向かないのか、ということについて軽く触れました。今回は、具体的なプロダクション・スケールを例にあげながら、こうしたソルーションを使うべきか、また自前でパイプラインを構築する場合の利点や問題点についてお話ししていきたいと思います。